薬学部の学生の進路として、病院薬剤師・薬局薬剤師・薬剤の研究・開発の仕事などがあります。




病院薬剤師は、病院内の薬局にて医師から出された処方箋に従って患者さんのお薬の調剤や注射液の製剤、消毒薬の製剤なども行い、一人の患者さんに対し医師と看護師と連携して対応します。
情報や知識、臨床経験を積める利点がありますが給与の面で優遇されていないのが現場です。
それに対し、薬局薬剤師は大手薬局チェーンにも勤務する事が出来ます。
患者さんが不特定多数ですが、福利厚生も充実していて薬局長などのポストにも着く事が出来
大手なら、さらに上のポストも期待出来て、薬剤師ならではの給料の頭打ちの問題も解消されます。
薬剤の研究・開発は、製薬企業での創薬や研究開発や行政機関にも携わる事が出来ます。
また、食品や化粧品などでも医療知識が必要となり幅広い活躍が出来ます。
薬学部を卒業後は、在学中に学んだ医療・薬剤の知識を活かせ、様々な分野からのニーズがある事が分かります。

入社希望(薬剤師の就活中)の皆様へ|採用情報:京都薬品工業株式会社

薬学部を卒業し、薬剤師国家資格を取得すると、薬剤師として働く事ができます。
この資格を利用した職業が就職しやすく、やりがいのある仕事をしたいのなら、管理薬剤師、人と接する事が好きならドラックストアの薬剤師もいいです。

また、薬剤師の活躍できる場所は広範囲に存在します。
保健室や、理科室で薬剤の使用や管理を行っている学校薬剤師という仕事も存在します。
これは、校内の給食やプールなどの健康に関わる環境に関する検査も行います。
薬剤師の資格がある場合、公務員として働く事も可能です。
国立病院や、保健所、研究所だけではなく、食品衛生監視や、麻薬取締官など、公務員として薬剤師を求めている物も少なくありません。


メディカル・リプレゼンタティブという医療品メーカーの医薬情報という職業も、薬学部卒業生には人気です。
薬剤師の資格は不要ですが、薬学の知識が必要なため、待遇が良いです。
また、食品企業や化学企業などでも、薬剤師の資格を持っている事で待遇がよくなるケースが存在します。

入社希望(薬剤師の就活中)の皆様へ|採用情報:京都薬品工業株式会社

自分の特技分野を仕事へ

薬学部の就活を体験した私は、とてもいい経験ができたと思っています。

自分の得意分野を次に繋げていき、それを活かしたいと考え、某製薬会社に見事入社することができました。
誇りに思っています。
23歳、男性、太郎。



薬剤師として就職するために

薬学部の就活の際に、薬に関わる仕事をしたいという決心のもとで、事前に薬剤師の資格を取得しておきました。


今は、薬の全般を勉強しながら、ドラッグストアなどの正社員の募集の要項を確認して、有名な会社の採用試験を受ける事を検討しています。
21歳、女性、ゆりか。



何よりも大切なのは自信

同大学の者には賢いと誉めたてられていたものの、いざ薬学部の就活となるとどのようなことをするのか、自分で大丈夫なのか不安でした。

しかし、前向きに努力をして就活をした結果、自分の就きたかった職に就くことができました。夢を諦めないで良かったです。


26歳、男性、ゆうき



薬学部における就職の現状

薬学系のお仕事は、給料が高い場合も多く人気の職業であるため、たくさんの人が就業している状態が続いています。いわば飽和状態となっています。
ですが、私は絶対就職したい会社があったので、そこの傾向を分析ししっかり面接対策を行ったことで、無事内定を得ることが出来ました。


24歳、女性、ぴーちゃん。

入社希望(薬剤師の就活中)の皆様へ|採用情報:京都薬品工業株式会社

Copyright©2013